会社概要
作品案内
教室日程
団員募集
お問合せ
ご挨拶
会社概要・沿革
ずっこけ狂言ばなし どろピカぽん
原作:狂言「柿山伏」 「神鳴」 「二人袴」
翻案・演出:松本 則子
舞台美術:円齋

♪チャンカチャンカ…
どんなはなし?
やまぶしが柿食うて
かみなりがおっとっと、おっとっと
たぬきの親子が…♪
三味線ロックにのせてはじまりはじまり〜
ピーヒャラポン!
若駒仕立ての狂言ばなし三部作!
難しいセリフも、長いセリフもありませんが、狂言のおもしろさを、ちょっと変わった舞台空間と、個性豊かなキャラクターを活かした演出で、子どもから大人まで大いに笑っていただける作品に仕上げました。
なんのこっちゃろ、どろ?ピカ?ぽん?
なんといってもずっこけ狂言ばなし!
イヤまことに、幼児から大人まで楽しめる作品なのでござる。

時 間

65分

会場条件

・平土間の円形舞台です。
・部屋全体の広さは、およそ12m×18m程必要です。
(客席の後ろにイスを並べる場合、観客数によって変わります。)
※多少狭くても大丈夫です。
※直座り、低めのイス、高めのイス(パイプイス)があると見やすいです。
  • 一般
  • こども劇場
  • 小学校公演
  • 学校公園
  • 幼稚園
  • 保育園
作品を観た感想
  • なかなかふれられない日本のおもしろさがあってよかったです。
  • 舞台が身近でとてもよかったと思います。
  • はじめどんなおはなしなのかワクワク!どれも笑えるおはなしばかりでした。
  • 見えない物まで見えるようなお芝居でした。本当に柿の木が見えました。かみなりもこっけいで、たぬきは本当に笑わせていただきました。むずかしそうなお話を楽しくみせていただき、おもしろかったです。
  • むずかしいと思われがちな狂言を実に親しみやすく、小さいこどもでも、話の内容がわかるように仕上がっていた。
  • 現代狂言とてもわかりやすく、とても楽しかったです。
その他の狂言の作品